第59回日本腎臓学会学術総会

English

Meet the Professor

昨年に引き続きMeet the Professorを開催いたします。
このプログラムは、若手医師が海外の一流の研究者(Professor)と小人数で議論する場を提供することを目的としています。

日時 6月18日(土曜日)7時30分~8時30分
会場 パシフィコ横浜会議センター 3階316~318、4階421~423
参加資格 若手・中堅の医師/研究者(事前登録制)
参加人数 各セッション6名(Professor、モデレーターを除く)
内容 海外から招請されたProfessorに対し、プレゼンテーションを行い参加者で討論していただきます。
※討論のみの参加可能です。また時間の都合上、発表数の調整をさせていただく場合もございます。事前にモデレーターがProfessor、参加者へ連絡して調整いたします。
参加受付 終了しました。

セッション

1.Prof. Pierre Ronco
Nephrology and Dialysis, Tenon hospital, Paris, France
テーマ:Bench-to-Bedside research strategies for membranous nephropathy

モデレーター: 稲城 玲子(東京大学大学院医学系研究科CKD病態生理学講座)

セッションのご紹介


2.Prof. Teun van Gelder
Clinical Pharmacology Erasmus Medical Center Rotterdam, Netherlands

モデレーター: 佐藤  滋(秋田大学医学部附属病院腎疾患先端医療センター)
髙橋 和浩(帝京大学小児科)

セッションのご紹介


3.Prof. Bruce A. Molitoris
Indiana University, USA

モデレーター: 土井 研人(東京大学救急部・集中治療部)

セッションのご紹介


4.Prof. Markus Ketteler
Department and Nephrology, Klinikum Coburg, Coburg, Germany
Prof. Marc G Vervloet
VU University Medical Center, Amsterdam, Netherlands
テーマ:CKD-MBD

モデレーター: 深川 雅史(東海大学腎内分泌代謝内科)
濱野 高行(大阪大学大学院医学系研究科腎疾患統合医療学)

セッションのご紹介


5.Prof. Jürgen Floege
Div. Nephrology and Clinical Immunology University Hospital, RWTH Aachen, Germany
テーマ:Clinical and basic research in glomerulonephritis

モデレーター: 横井 秀基(京都大学腎臓内科)
永山 嘉恭(帝京大学医学部附属溝口病院第4内科)

セッションのご紹介


6.Prof. Maria V Irazabal
Mayo Clinic, USA
テーマ:Epidemiology, pathogenesis, and treatment of autosomal polycystic kidney disease (ADPKD)

モデレーター: 星野 純一(虎の門病院腎センター)

セッションのご紹介

このサイトについて|Copyright © 2015-2016 第59回日本腎臓学会学術総会 All Rights Reserved.